春日井、名古屋、愛知、岐阜のホームページ制作・WEBマーケティングのWEBクリエイト

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

クライアントの戦略を考えた制作

Web strategy

成果を生み出すホームページに
必要なモノとは何か?

「ホームページは作っても意味がない」
そんな言葉を聞くことがあります。
この言葉が出てきてしまうには当然原因があり、
成果を生み出さないホームページが
数多くあることを意味します。
「お客様のビジネスに合わせた戦略」
この要素が成果を生み出すホームページには
必要不可欠な要素だと考えています。
この要素の有無によって結果は大きく変わります。

戦略のないホームページでは何が起きるのか?
適した検索結果に表示されない例えば東京のカフェだと「東京(区名)+カフェ」で検索結果に表示されるべきですが、
戦略を考えずに作成したコンテンツでは適した検索結果に表示されず、さらに検索順位も上がることがありません。
SEO対策(検索対策)と言う以前の問題が発生し、売上もお問い合わせも増えることがりません。
ホームページへのアクセス数が増えない当社が考える「戦略」とは適したコンテンツを作成することを意味します。
サービス・商品、ターゲットに合わせたコンテンツを作成しなければターゲットへアプローチすることができず、
自然とサイトへのアクセス数を増やすことができません。。
お問い合わせ・成約の確率の低下上記2項で説明した検索結果・アクセス数の増加が見込まない場合、自然とお問い合わせ数・成約率が低下してしまいます。
せっかく費用を掛けて制作したホームページも全く結果を出さないモノになり、意味がないものになってしまいます

お客様の事業・サービスに合わせた
「結果を出すホームページ」を制作するために当社が行うコト

サービス・商品などを利用する
ターゲットにアプローチするコンテンツ制作

マーケティングで使われる「ペルソナ」と言う用語があります。
これは「ビジネスで想定されるターゲット」と言う意味で使用されます。
ホームページ・WEB制作ではこのターゲットを想定したコンテンツ制作が全ての結果を左右します。
当社では制作前にお客様の商品・サービスなど事業についてヒアリングさせて頂き、
想定されるターゲットを定めどのようなコンテンツを作成すべきかを検討することに重点を置いています。

ターゲットに対して
商品・サービスをどのように伝えるのか

想定されるターゲットが確定すると、ターゲットに合わせたサイトデザインの制作となります。お客様の商品・サービスはもちろんイメージをターゲットへどのように伝えるかを考えることになります。
コンテンツに記載する文章や写真、イメージカラーなど商品・サービスをターゲットへスムーズに届き理解されるようより深くコンテンツ内容を策定します。

お問い合わせ・購買へとつなげるサイト構成

営業にはクロージングと言う言葉があります。
このClosing(クロージング)とは、「終わり」や「結び」という意味です。
お客様であるターゲットがサイトに訪問し、お問い合わせまたは購買(来店)にどれだけ繋げるかがホームページの価値となります。
クロージングまでの流れを想定したコンテンツをどう作るのか。
ターゲットの想定・デザインと段階を踏んで策定し、クロージングの流れができたホームページ制作。
今までに多くの企業・店舗のホームページ を制作してきた当社だからできる「戦略」を考えた制作がございます。